建長寺(けんちょうじ)

禅寺の京都五山(きょうとござん)は有名ですが、鎌倉にも五山があります。渡来僧の蘭渓道隆(らんけい どうりゅう)禅師が開山した建長寺鎌倉五山の第一位に数えられており、その伽藍(がらん)は総門(そうもん)、三門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)、法堂(はっとう)、方丈(ほうじょう)が一直線に連なる中国禅宗様式になっています。 

https://ideadragon.tumblr.com/post/640387646996332544/%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%E5%BB%BA%E9%95%B7%E5%AF%BA%E6%B4%BE%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%9C%AC%E5%B1%B1%E5%BB%BA%E9%95%B7%E5%AF%BA-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E7%B7%8F%E9%96%80-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%B8%89%E9%96%80-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%BB%8F%E6%AE%BF

 

 

 

建長寺の歴史は古く、京都五山の第三位・建仁寺(けんにんじ)

に次ぐ、国内で最も古い禅寺の一つです。蘭渓禅師は中国臨済宗・純粋禅の法嗣であり、南浦紹明禅師(大応国師)を指導した事もあるそうです。大応国師建長寺の住職を勤めた事があり、その法脈は応・燈・関と呼ばれ、白隠慧鶴禅師にまで受け継がれています。

 

詳しくはこちらの記事をお読みください。

religious-symbol.com